WiFi室内環境位置推定技術の開発

【東京大学大学院学際情報学府】 川内 見作

本開発手法

指向性アンテナの放射方角情報を用いた室内位置推定

特徴1 : 屋内外で推定可能 ( GPS は屋外のみ )
特徴2 : 既存の WiFi 携帯端末で利用可能

携帯端末は受信したビーコンパケットの中に埋め込まれた放射方角情報より位置推定する。
開発当初に作成した AP の4分の1の大きさに縮小成功。設置が容易になった。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
古川 翔一

音声に合う口の動きを実現した吹替え映像を容易に作成するソフトウェア

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ