MapReduce汎用化のためのDSL基盤・実行基盤の開発

【株式会社シリウステクノロジーズ】 藤川 幸一

MapReduceの力をみんなに

MapReduceの処理を意識せずにDSLで

技術と経験が必要になる Map 処理 ・ Reduce 処理への分割は独自 DSL フレームワーク内に含まれます。
開発者は1枚の DSL による記述に集中できます。

-Programmer’s Best Friend- Ruby で記述

もう Hadoop を使うのに Java を書く必要はありません!
Ruby の柔軟な構造 ・ シンプルなオブジェクトを利用して、必要な処理のみを記述できます。

Hadoopを気軽に・すぐに利用可能に

Hadoop サーバーのインストール ・ 起動が面倒。
そんな方にも、簡単に MapReduce を体感できる、「 10 分でできる Hadoop 処理 」 を実現しました。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ