IoTを活用した介護予防のためのリハビリテーション支援システム

【慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 博士後期課程1年 / 一般社団法人 未来創造研究所 研究員】 田脇 裕太

-データをリハビリの羅針盤にするリハビリマップ-

実現したこと

①患者の健康状態から適切なリハビリメニューを提案
②提案内容のエビデンスとして、患者の状態遷移を可視化

 

出来ること

定性的な評価を定量的なエビデンスにすることで顧客満足度アップ

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
上田 裕己

開発者が行ったソースコード修正作業を学習し代行するボット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
太田 悠自

能動学習に対応したデジタル病理画像アノテーションソフトの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中岡 典弘

カスタマイズ可能なネットワーク型IDPSをFPGA実装するためのソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
櫻井 碧

生命情報解析向けインタプリタを搭載した秘密計算用クラウド

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ