GPUを用いた映像のリアルタイム手ぶれ補正ソフトウェアの開発

【静岡大学大学院工学研究科】 髙橋 賢治(スーパークリエイター)

自宅に眠っている手ぶれ動画から思い出が蘇る

撮影した動画が手ぶれしていた場合、折角の思い出が台無しです。
そこで本ソフトウェアでは、動画ぶれと静止画ぶれの両面から手ぶれ補正を行います。
GPU を用いて動画の画像情報のみから高速な手ぶれ補正を実現します。
今までどうすることもできなかった動画の手ぶれやボケを事後処理することができます。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
伊藤 竜一

様々なデータソースに対応する高速なグラフ処理エンジンの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ