準同型暗号によるバーチャルセキュアプラットフォームの開発

【京都大学 工学部 電気電子工学科】 松岡 航太郎

【京都大学 工学部 情報学科 計算機科学コース】 伴野 良太郎

【京都大学 工学部 情報学科 計算機科学コース】 松本 直樹

-暗号化したままCプログラムを実行する-

VSP(バーチャルセキュアプラットフォーム)で暗号化したプログラムを暗号化したまま動かすことができます。

VSPの特徴

・プログラムデータすべてを暗号化した状態で実行可能
・数学的安全性の開発保証
・C言語による記述が可能

VSPの仕組み

・ユーザは秘密鍵でプログラムを暗号化
・サーバは秘密鍵を使わずにプログラムを実行し結果をユーザに返却
・ユーザは秘密鍵で結果を復号

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
上田 裕己

開発者が行ったソースコード修正作業を学習し代行するボット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
太田 悠自

能動学習に対応したデジタル病理画像アノテーションソフトの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中岡 典弘

カスタマイズ可能なネットワーク型IDPSをFPGA実装するためのソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
櫻井 碧

生命情報解析向けインタプリタを搭載した秘密計算用クラウド

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ