高速な自動立体造形を実現する手軽で安価なカット加工機の開発

【東京工業大学 工学院 経営工学系】 関根 史人(スーパークリエイター)

手書きの図面をスマホで撮影するだけでカット造形が出来ます。
カットはたったの数分、シンプルで低コストなカット加工機です。

Tiny Fabricaを使ってアイディアを形に。

電熱線による発泡スチロールの平面カットが可能です。
専用アプリの画像処理により、手書きの図面でも正確に認識します。造形物は他の材料と組み合わせて様々な形に応用することができます。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ