足で情報伝達するインソール型デバイスの開発

【東京大学】 平田 祐登

【横浜国立大学】 葛巻 壱成

【東京都市大学】 相澤 信太郎

見なくていインターフェースによる「待たない合わせ」

 

Vibsole

VibsoleはスマートフォンやPCと連携することができる「見なくてもいいインターフェース」です。
Vibsoleは資格を用いなくても事足りる情報について、インターフェースを大体し、より直観的な方法で伝達します。これによって私たちはSNSやゲームなどに没入することができます。

待たない合わせ

「待たない合わせ」は、Vivsoleが示す方向をたどるだけでみんなと合流できる新感覚アプリです。
「待たない合わせ」は、視覚的なリソースを消費せず、足裏の振動触覚を利用して直観的に道案内し、なおかつ決められた待ち合わせ場所ではない場所で唐突に「出会う」というサプライズを提供します。

振動による方向提示

1秒間に1回ブルッと振動し、8方位を提示します。これによって振動についていくだけで合流できます!

足タップコミュニケーション

左右の足をぶつけることにより、そのタップパターンの信号を相手に送信できます。
事前にお互にタップパターンの意味づけを共有しておけば、「待たない合わせ」中にいちいちチャットを開かなくても、相手とコミュニケーションすることができます。

 

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ