触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

【電気通信大学】 今 悠気(スーパークリエイター)

HangerOVER : 頭が動かされるHMD

HangerOVERはハンガー反射と呼ばれる触覚錯覚現象を内蔵した新しいHMD体験を提供します.ユーザはハンガー反射を制御可能な4個のバルーンが内蔵されたデバイスとHMDを装着することで,VRコンテンツに合わせて頭が動かされる体験ができます.これにより例えば,ジェットコースターのようなVRコンテンツ体験においてHMD単独よりも臨場感の高いコンテンツ体験を提供します.また,Unity向けのハンガー反射の開発環境により,VRコンテンツとハンガー反射を簡単に組み合わせることができます.ハンガー反射を用いてユーザの頭部をYaw軸・Pitch軸・Roll軸に力覚・運動提示可能です.

 

ハンガー反射

針金ハンガーを頭に被ると意図せず頭が回る触覚錯覚現象.
特定位置の圧迫により生起.
他人に回されたかのような外力を知覚.

HAngerHMD

HMDの下にハンガー反射デバイスを装着.
頭を3軸に動かす.

開発環境(Unity)

プログラミング or Timeline Editorでハンガー反射とVRコンテンツを組み合わせる

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ