虫媒に代わるいちごの自動受粉ロボットシステムの開発

【千葉工業大学 情報科学部 情報工学科】 市川 友貴

- ロボットイチゴができるまで-

 

課題

⼀般的に授粉で⽤いられるセイヨウミツバチは価格が⾼騰、外来種であるため⽣態系に悪影響を
及ぼす可能性が⾼い。また、植物⼯場においてミツバチを飼育することが困難である。
これらを解決することで、農家の負担軽減、植物⼯場における果実の安定⽣産が可能となる。

解決策

ミツバチに代わってイチゴの授粉作業を⾏うロボットシステム。
専⽤のアタッチメントと授粉アルゴリズムによりミツバチの動きを再現する。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
大塚 馨

プロセッサトレースを用いた組み込みデバイス向けファザーの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
北野 和哉

コンピュテーショナルフォトグラフィによる多波長超短時間撮影

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ