自然特徴点からマーカを自動生成する拡張現実システムの開発

矢口 裕明(スーパークリエイター)

拡張現実やるのに白黒なんかいらない。

モノクロマーカー不要。
必要なものは PC と USB カメラのみ。
画像処理技術によって画像そのものをマーカーに。

現実世界からマーカーを作り出す。

長方形状の画像をオンラインで自動抽出。
マーカーとして物体の画像を記憶 ・ 蓄積し、高速にマッチングを行うことが可能。

現実のモノがタグとなる。

商品パッケージ、本の表紙、看板など。
現実の物体と関連付けて情報を記憶する。
複数の画像にも高速でカメラ映像との照合が可能。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ