能動学習に対応したデジタル病理画像アノテーションソフトの開発

【東北大学 医学部 医学科】 太田 悠自

病理診断補助システム開発のためのツール

本プロジェクトでは、Webサイトにおいてデジタル病理画像を表示すること、および機械学習における教師データ作成を目的としたアノテーションを行うことを可能にするプログラミング言語Elmのライブラリを開発した。
本プロジェクトの成果により、ユーザがブラウザを用いてアノテーションを行うとともに、デジタル病理画像における座標の指定によってプログラムからアノテーションをつけることが可能となった。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
上田 裕己

開発者が行ったソースコード修正作業を学習し代行するボット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
太田 悠自

能動学習に対応したデジタル病理画像アノテーションソフトの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中岡 典弘

カスタマイズ可能なネットワーク型IDPSをFPGA実装するためのソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
櫻井 碧

生命情報解析向けインタプリタを搭載した秘密計算用クラウド

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ