空間知覚拡張のための“聞こえる化”デバイスの開発

【東京大学 大学院情報理工系研究科】 和家 尚希

【東京大学 大学院 学際情報府】 伏見 遼平

【東京大学 大学院 情報理工学系研究科】 鈴木 良平

【多摩美術大学 美術学部情報デザイン科 美術学部情報デザイン科 美術学部情報デザイン科】 宗像 悠里

空間知覚拡張のための“聞こえる化”デバイスの開発
-視覚代行による“知覚旅行”の実現-

概要

「音による視覚体験」を実現することで、普段慣れ親しんだ知覚の様式から一歩踏み出す体験(知覚旅行)を提供するデバイスを開発した。知覚心理学における研究やエンターテイメント目的の応用を想定。

開発した技術

  • 深度画像を処理して空間の意味的構造を解析するアルゴリズム
  • 空間配置に基いてサウンドスケープを生成する立体音響合成手法
  • デプスカメラを搭載した独自のウェアラブルハードウェア

プロジェクトの成果

  • 壁を避けて歩く,人のいる方向に向かってボールを投げるなどの空間知覚タスクの実現
  • 独特の空間知覚体験=新たな「見え」についての知見
  • スポーツやアトラクションへの応用可能性

 

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ