生命情報解析向けインタプリタを搭載した秘密計算用クラウド

【早稲田大学 大学院 基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻】 櫻井 碧

BI SGX: Analyzing, only better.

■Intel SGX が生成する RAM 上の保護領域 (Enclave) 上で インタプリタを駆動させる事により、 簡単に SGXの ハイパフォーマンス な 保護機能 の恩恵を受けた 秘密計算クラウド「 BI-SGX 」を実現

ストレージ機能・秘密計算機能の双方を提供

■独自言語「Qliphoth 」により、SGX 公式 SDK を用いた場合の10000 倍 の負担削減が可能

 

■Enclave 内の インタプリタと、SGX のセキュリティ機能をフル活用した 周辺機構 で強固なセキュリティ を実現

厳重な 遠隔認証プロトコル「 リモート・アテステーション 」
よりデータの完全性 を確実に担保できる暗号化処理「 シーリング 」によるデータ保護
大容量データ向けのデータ分割機構

■生命情報解析向けではあるが、より一般的・汎用的 な処理の実行も可能

■一部パブリッククラウド 上での駆動も可能 である

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
上田 裕己

開発者が行ったソースコード修正作業を学習し代行するボット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中岡 典弘

カスタマイズ可能なネットワーク型IDPSをFPGA実装するためのソフトウェア

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ