環境に対して自動最適化する高性能通信基盤の開発

【法政大学】 城倉 弘樹(スーパークリエイター)

高性能で自動チューニングされる仮想ネットワーク

ルータ等のネットワーク機能の性能を10/40GbE以上で動的に調節する技術を開発

仮想ネットワークの性能をトラフィックに対して自動で最適化する通信基盤を開発

ネットワークのチューニングコストと,ルータ等の開発コストの低下を実現し,より柔軟で高性能なNFVの実現

・汎用サーバのマルチコアを最大限に活用し,10/40GbE以上の高性能通信を実現

・動的にルータ等の処理能力を調節する技術によりコンピュータリソースの無駄をなくし,ネットワーク性能を自動最適化

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
伊藤 竜一

様々なデータソースに対応する高速なグラフ処理エンジンの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ