歩きVRの開発

【東京大学 大学院 情報学環・学際情報学府】 小沢 健悟

ーTRAVRSE:VRゴーグルの常時装着を見据えた安心かつ安全な歩きVRシステムー

「好きな空間を好きな時に好きなだけ眺めたい」
「現実とバーチャルが共存する日常を実現したい」

TRAVRSEはこのような想いを元に開発したユーザからの距離に応じて現実とバーチャルを連続的に提示できるシステムです

近くでは現実−離れるほどバーチャル
周囲の物体との衝突回避/インタラクションが可能

現実とVRの間に複合空間(形は現実、見た目はバーチャルな空間)を配置
安心感を保ちつつ没入度を引き上げられる

現実空間・複合空間の半径を自由に変更
ユーザの趣向・ユースケースごとに適した空間構成が実現

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
上田 裕己

開発者が行ったソースコード修正作業を学習し代行するボット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
太田 悠自

能動学習に対応したデジタル病理画像アノテーションソフトの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中岡 典弘

カスタマイズ可能なネットワーク型IDPSをFPGA実装するためのソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
櫻井 碧

生命情報解析向けインタプリタを搭載した秘密計算用クラウド

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ