日本語プログラミング言語「言霊」の開発

【慶應義塾大学環境情報学部】 岡田 健

【慶應義塾大学環境情報学部】 秋山 優

全ての人がプログラミングする社会を目指して

「言霊」とは?

全ての人が、日本語で考えたアルゴリズムをパソコンに伝えられる日本語プログラミング言語です。

「言霊」の特徴は?

日本人の思考様式に合致したプログラミング言語です。
仕様書や設計書に書かれた日本語表現がそのままソースコードになります。
日本語で考え、記述したアルゴリズムが、そのままソースコードとして実行できます。

「言霊」を使うことの効果は?

「 言霊 」 を使ってプログラミングを学習すると、自分が作りたいソフトウェアを自分で作れるようになります。
あるいは、自分が欲しいソフトウェアが何かを正確に伝えて、専門家に作ってもらうことができるようになります。

言霊エディタを使って日本語で記述したアルゴリズムが、直接コンピュータによって実行されます

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ