日本の医療を救う電子カルテ検索システムの開発

【慶応義塾大学医学部】 中野 哲平

チャットボット付き電子カルテ:ドクターQ

現代医療の最大の欠点とは、「 患者が来院しなければ、医師は患者の経過を把握できない 」 という点です。
その問題に対して、チャットボット付き電子カルテを作成しました。電子カルテに患者情報を記載すれば、経過観察として適切なタイミングで
症状に合わせた問診をボットが自動で患者に行います。
その得られた情報をドクター Q は集計し医師に対して 「 現在の患者把握状況 」 として伝えることができます。

カルテ自らが情報を収集し整理する

【 患者 】
LINE BOT を通して患者はカルテを閲覧 : 質問に対しボタンを押すだけ
【 医師 】
全ての患者の経過を把握 : 医師の負担はほぼゼロ

登録は1分で患者の経過も把握でき継続受診率も上がり、患者は良くなり、医師は儲かる無料のカルテです。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
長坂 瑛

人について行くリアルタイムナビゲーションシステムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ