手の動きに特化したコミュニケーションツールの開発

【慶應義塾大学大学院】 和田 夏実(スーパークリエイター)

視覚言語作成・習得ツール:Visual Creole

Visual Creoleは伝えたいことを手で表現し目で理解するための視覚言語作成・習得ツールです。

ろう者の手話表現の豊かさをヒントに伝えたいことをイラストとともに手でつたえるメディアとプラットフォームの開発を行いました。

1.伝えたいことのイメージを描きます
2.自分の動きに追従するイラストとともに表現します
3.視覚言語の単語として “ 登録 ” されます

System Flow

1.アプリを起動
2.ことばを登録
3.ドローイング
4.表現を撮影 ・ 登録

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
久野 文菜

スペクトログラム生成による多重奏からの聴音支援システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ