実用的な質問応答システムの開発

【国立情報学研究所 技術補佐員】 小松 弘佳(スーパークリエイター)

Semantic Parsingを用いたIntelligent Assistant

学術界で研究されているSemantic Parsingを用いて手法を作成

– 回答の学習が可能
– 高度な質問文に対応できる
– 高度な演繹も論理を用いて十分に対応可能

作成した手法に基づきアプリケーションを作成し、実用性を実証

ルールベース(Siriなど)では、「次の画面に進んで」といった
曖昧性のある質問への対応が難しいが、本手法では可能

アプリケーションと手法の特徴

特徴1:ルールベースの上位互換

– “ Hi ” という質問文に対し、ルールベースと同じように対応可能

特徴2:回答の学習が可能

– ユーザによってインタラクティブに正解を与えることが可能

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
古川 翔一

音声に合う口の動きを実現した吹替え映像を容易に作成するソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
佐伯 学哉 他

ハイパーバイザ技術を用いたクロスOSなLinuxバイナリ互換プラットフォームの構築

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ