安価かつ軽量な手形状認識用データグローブの開発

【筑波大学】 髙田 崚介(スーパークリエイター)

Grov:導電繊維を用いた低コストで多彩な手形状センシング技術

デバイス

導電繊維をセンサとして使うことにより,安い・軽い・柔らかい・洗える・壊れにくいうえに曲げ/開き/接触/物体認識可能なデータグローブを構築!

ソフトウェア

開発者向けのProcessing SDK回路図,組み込み用ソースコードを公開

原理

指の曲げ伸ばしは手袋に編み込まれた導電繊維の電気抵抗,指同士の接触および触れた物体の認識は交流信号の伝播を利用!

スペック

重量:手袋のみ20g(回路込100g)
駆動時間:10時間
価格:$30-40(原価)
通信:Bluetooth2.1+
解像度:曲げ400+段階/開き2段階
/接触13箇所/マーカ4種

アプリ例:ロボットハンド、指文字、サバイバルゲーム

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ