変形可能な風船によるインタラクション

【慶應義塾大学 環境情報学部】 野﨑 大幹

変形可能な風船によるインタラクション
- 生物らしくない、生物らしいロボット -

このロボットPodillaは、柔軟な変形をしながら動作する。
空気圧よって伸展・収縮のみをおこなうシリンダを正二十面体状に組み合わせ、複数の電磁弁で空気圧の流入流出を巧みに制御することで、生物らしくない形の上に生物らしい動きを表現する。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

aoki
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
青木 海 他

音楽・マルチメディア用ビジュアルプログラミング言語からHDLへの高位合成ツールの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ