型による静的検証能力の高い組版システムの開発

【東京大学大学院】 諏訪 敬之(スーパークリエイター)

SATySFi:Typesetting System with a Type System

 

SATySFi(サティスファイ)は,マークアップ言語方式の全く新しい組版処理システムです。いわゆる函数型言語の知見を基盤とし,強力な型システムが搭載されています。

素早く親切なエラー報告

LATEXなど従来のマークアップ言語では,ユーザによる不適格な入力に対するエラー報告が遅く不親切な傾向にありましたが, SATySFiは型システムの力により親切なエラー報告を行ない,効率的な執筆を支援します。

高品質な文字組版

高品質な行分割処理を行なうほか,合字・カーニング・自動ハイフネーションといった高度な調整処理にも対応。
多言語志向で Unicode Database に準拠しているほか,和欧混植も積極的に JLreq に準拠。

多機能

多くの従来ソフトウェアが苦手とする数式や,枠を飾るための図形処理,表組みなど,さまざまな組版機能が備わっています。

・可読性の高いコマンド定義機能
一般的なプログラミングの要領で自動処理のコマンドを定義でき,修正や改造が容易です。

オープンソース

LGPLライセンスでGitHubにて公開しています。

 

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ