伴泳ロボットを用いた水泳支援システム

【東京大学大学院 学際情報学府】 鵜飼 佑(スーパークリエイター)

小型AUVによる全く新しい水泳支援手法の提案

背景

・ 近年、情報技術を用いて水泳支援を行う製品や研究が出現。
・ 水中では自分のフォームを認識することが難しい。

プロジェクトの目的

・ カメラやディスプレイを搭載した、「 伴泳ロボット 」 を用いて水泳の支援を行う。

開発した主要な部分

・ 伴泳ロボットのハードウェア
・ 伴泳ロボットの制御ソフトウェア
・ 伴泳ロボットを用いたアプリケーション

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
佐伯 学哉 他

ハイパーバイザ技術を用いたクロスOSなLinuxバイナリ互換プラットフォームの構築

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ