人型ロボットのための演技指導ソフト

【奈良先端大学院大学 】 吉崎 航(スーパークリエイター)

V-Sido

ホビーロボットに乗り込む楽しさを、世界へ

課題

従来のホビーロボット操作環境は、格闘ゲームのように覚えさせた動きをただ再生するだけで、
バッティングなどの複雑な動きは不可能。

目的

マウスによる直感的かつ有機的な動作生成を実現し、多くのユーザの悲願である “ ロボットに搭乗する ”
感覚を AR で再現。

V-Sido

ロボット操作のための直感的機能を実装、さまざまなロボットに対応。

・ 自由な外装デザイン
・ CG との同期
・ マウスジェスチャによる動作生成
・ 物理シミュレータによる動作補正
・ ヘッドトラッキングによる AR

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ