ユーザ情報を考慮した次世代メニュー提示・注文システム

【同志社大学大学院 ネットワーク情報システム研究室】 藤田 琢磨

これまでのメニューはどの客に対しても同じ物を提示
⇒ これからは、ユーザ一人ひとりに異なるメニューを提示

・ 店は座席ごとに NFC タグを貼り付け、メニューの設定を行う
・ 客は座席に座り、スマートフォンをかざすだけ
⇒ パーソナライズされたメニューが提示。そのまま注文可能

アレルギーやお気に入り、最も注文したものなどの情報が見れ、実際に注文可能

店が用意するもの

・ NFC タグ
・ PC
・ スマートフォン ( NFC 対応 )

客が用意するもの

・ スマートフォン ( NFC 対応 )

これからはパーソナライズの時代!
いつまでも皆に同じものを提供するのはやめませんか?

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ