ユーザの生活習慣により成長するキーホルダー型ロボットの開発

【東京大学 大学院】 稲葉 翔

【東京大学 大学院】 藤澤 哲平

いつもあなたと一緒のロボットを

目的

本プロジェクトでは、Android 端末やロボットに搭載されたセンサデータを用いて収集したライフログデータを用いて
ユーザの肉体的 ・ 精神的健康度を推定する Android プログラム、および表情を変化させたり体を動かしたりすることのできる
持ち歩き可能な小型ロボット ( キーホルダー型ロボット ) を開発し、推定された健康度に応じてロボットを変化させるシステムを開発した。

特徴

【 キーホルダー型ロボット 】
・ 全長 10 cm 程度
・ 健康状態の提示
【 Android 端末 】
・ ライフログの収集
・ ユーザの健康度推定

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ