メディアアートのためのプログラミングライブラリの開発

【早稲田大学 基幹理工学研究科 表現工学専攻】 鈴木 遼(スーパークリエイター)

プログラミングを楽しく簡単に

10 行でお絵かきソフト 14 行で Kinect 可視化

音や画像、いろいろなデバイスを扱うプログラムなら Siv3D におまかせ。
◆ 最新 C++ 規格による簡単でハイパフォーマンスな API
◆ ペンタブレットや Kinect、マルチタッチや Leap Motion など多くのデバイスに標準対応
◆ Deferred Rendering や FXAA といったモダンな 3DCG 技術を採用
◆ 音声や画像処理のための豊富な機能群

Processing や openFrameworks よりも圧倒的に短いコードで、高機能 ・ 高品質な作品開発をサポートします。

・ AR マーカー ・ 水面表現 ・ ポリゴン化 ・ 手書き文字認識 ・ Dynamic Mesh
・ Leap Motion ・ 地形の表現 ・ 音声処理 ・ Deferred Rendering

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ