マウントアダプタの自動制御によるレンズ交換式カメラ拡張システムの開発

【IAMAS】 篠田 篤

フォーカスコントローラー

本プロジェクトでは、電動ティルト機能を内蔵したマウントアダプタとその制御システムを開発し、容易なアオリ撮影 ( ティルト撮影 ) を可能にした。

従来のティルト撮影では専用のティルトレンズを用い、レンズの焦点 ・ 絞り ・ ティルト量を手動で調整する必要があった。
本システムでは、カメラ本体とレンズとをマウントアダプタを介して電気的に接続し、ティルト撮影の自動化と汎用レンズの利用を可能にした。

本システムではレンズが備えているオートフォーカスや自動絞り機能を利用してティルト撮影を行うことができる。
また、イメージセンサーを内蔵したカメラボディを傾けてティルト撮影を行うため、従来のティルト撮影ではできなかったアングルを維持したままでの
ティルト調整が可能となった。
動画撮影やタイムラプス撮影でもティルトによる焦点変化が可能である。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
古川 翔一

音声に合う口の動きを実現した吹替え映像を容易に作成するソフトウェア

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ