プロセッサトレースを用いた組み込みデバイス向けファザーの開発

【早稲田大学高等学院】 大塚 馨

ZeroSight

ZeroSightで脆弱性発見を自動化

ZeroSightは、ARMのシステムコンポーネント向けファザー。
ARMのプロセッサー支援機能CoreSightを用いたハードウェアモードとソフトウェアモードを開発。

ハードウェアモード

ARMのホスト上のCoreSightとVirtualization Extensionを用いて高速にカーネルファジングを可能にする。

ソフトウェアモード

QEMU上で実装されたソフトウェアモードはx86のホストでファジングが可能。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
佐伯 学哉 他

ハイパーバイザ技術を用いたクロスOSなLinuxバイナリ互換プラットフォームの構築

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ