ハードウェアセキュリティ検査システムの開発

【東京大学 大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻】 杉山 優一(スーパークリエイター)

開発動機

•プロセッサの実装にはバグが多い

•既存のRISC-V用検査システムでは不十分

MicroFuzzの特徴

RISC-Vプロセッサ向けの

• 変異アルゴリズム

• 実行時情報のフィードバック

• 入力評価アルゴリズムを実装したファザー

 

各プロセッサのマイクロアーキテクチャ実装に合わせた検査

既存ツールでは発見が難しいプロセッサのバグ・脆弱性を検出可能

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ