タッチセンシティブなラピッドプロトタイプ作成のためのツールキットの開発

【筑波大学大学院】 大野 誠(スーパークリエイター)

本プロジェクトでは、身近な日用品を使ってタッチセンシティブな物を作れるセンサ及びツールキット、Stethos を開発しました。
Stethos を机や食器、おもちゃといった日用品に貼り付けるだけで、その物体の様々なタッチを検出できるようになります。
さらに、Max や Scratch といったビジュアルプログラミング環境と連携することにより、簡単にインタラクティブな作品を製作できます。

使い方

1.Stethos を使用する対象 ( 日用品 ) を選びます
2.Stethos を貼り付けます
3.タッチジェスチャを学習させます
4.タッチに反応するようになります

ハードウェア

以下のハードウェアを物体に取り付けるだけで使用できます。
・ 本体 ( USB 接続 )
・ 本体 ( Bluetooth 接続 )

ソフトウェア

以下のソフトウェアを使ってタッチに対する反応を設定します。
・ 認識ソフトウェア
・ MAX / PureData プラグイン
・ Scratch プラグイン

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ