セル・オートマトンと有限要素解析による環境適応型-形態創生

【株式会社シミュレート】 木ノ村 護

「計算」による形づくり

1.“ 大きくたわめば、要素を増やし、小さくたわめば、要素を減らす ”
2.無駄がほとんどないエコロジカルな形状を自動的に作成するシミュレーションシステムの構築を目指しています。
3.有限要素解析の入力データと要素の増減規則を用い、負荷に対応した形状を作ることができます。
4.「 人はただ自然をいかに取り入れるか、天の成せるものを、人の世にいかにして活かすか、ただそれだけである。 」 ( 北大路魯山人 )

有限要素解析用の入力データ + 要素の増減規則データ
⇒ 単純なルールに基づいて形状を更新

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
伊藤 竜一

様々なデータソースに対応する高速なグラフ処理エンジンの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ