スクリプト言語Luaの高速化と省メモリ化

【電気通信大学 電気通信学研究科 情報工学専攻】 小室  直

スクリプト言語Luaの高速化と省メモリ化- OStackLuaの実装 –

「スクリプト言語は遅い」なんて、もう言わせない

Luaと言えばゲーム開発分野において組み込みスクリプト言語として広く使われている言語である。しかし現在の Lua実装ではGCなどの性質により、利用する場合には気を使う必要がある。工夫よってこのプロジェクトでは Luaによる開発効率をより向上させるためにOStackLuaの開発を行った。
OStackLuaはLuaのメモリ管理機構を改善することにより、速度とメモリにおいて大幅な性能向上を実現した。 Luaプログラマは従来のLuaと同様にOStackLuaをそのまま利用するだけで、最大で67%の高速化、83%の省 メモリ化を達成することができるのである。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

aoki
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
青木 海 他

音楽・マルチメディア用ビジュアルプログラミング言語からHDLへの高位合成ツールの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ