コンテクストに応じた変換候補を提示する入力システムの開発

【慶應義塾大学大学院】 中園 翔(スーパークリエイター)

【慶應義塾大学大学院】 臼杵 壮也(スーパークリエイター)

推してくる入力システム

本プロジェクトでは、Android 端末上で動作する日本語入力システム ( IME ) を開発した。
この IME は、ユーザが IME を立ち上げた時から、終了する時まで、キーボードの挙動とはかかわりなく、ユーザの置かれている
コンテクストに応じてサジェストを行う推薦システムを備えている。

今、IME を起動したあなたと似た状況の人から、入力の履歴を借りてくることで、 「 あなたの言いたい、言うであろうことは
既に知っている 」 入力システムとなる。

あなたが仕事終わりであることも、
電車が遅延していることも、
流行りのアプリケーションも、
あなたの周りの流行り言葉も、
全部知ってる入力システム

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
今 悠気

触力覚提示内蔵型HMDのためのハンガー反射を用いた提示機構

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ