つながる検索エンジンの開発

【京都産業大学 コンピュータ理工学部】 河合 由起子

【京都産業大学 理学部】 松井 優也

コミュニケーションサービスと検索サービスの融合

1.研究目的

Web ページをライブで閲覧しているユーザを管理し、閲覧ユーザの量と質に基づいたランキングを実現することで、
「 瞬時に欲しい情報 」 と 「 検索時に同じ興味を持つユーザからの支援 」 を同時に獲得できる 「 つながる検索エンジン 」 の開発を目指す。

2.研究開発概要

本研究開発では、ハイパーリンク構造だけでなく、各 Web ページを閲覧しているユーザに着目し、アクセスしているユーザの数に
基づいたソーシャルリンクを構築し、仮想世界と実世界の情報構造を反映した検索を実現する。
また、ユーザがページ内で閲覧している位置を観測することで、検索結果のページ内で最も閲覧箇所の多い部分を注目箇所として抽出する。
さらに、ページ内で分からないことがあれば、リアルタイムで閲覧しているユーザに直接相談することも可能となる。

3.期待される効果

計算機と人の両方から同時に情報を獲得 ・ 提供できる本開発により、実空間 ・ Web 空間の質の向上といった、人と情報の在り方が変わる可能性がある。
また、各ページに対するユーザ評価を分析することができ、例えばバーチャルショッピングやネットオークションなどのインタフェースが劇的に変化する可能性がある。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
早川 顕生

あらゆる人の声を模倣可能なリアルタイム音声変換システムの開発

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ