「電気が見える」デバイスとソフトウェアの開発

【筑波大学情報学群情報メディア創成学類】 落合 陽一(スーパークリエイター)

電圧を色光によって可視化し、情報から実回路を動的に形成するブレッドボードインターフェース

電気がみえない、つかめない。 敷居の高さ、非直感性をなんとかしたい。

近年、フィジカルコンピューティングが活発になり、電気回路が身近になる一方でテクノロジーのブラックボックス化は極端に進んでいます。

回路がもし、手で描けたら。 電気に触れて、その様子が見えたなら。

教育や研究の場において、今まで可視化されてなかった回路の様態を LED の光によって可視化し、回路の構成を触れることで書き換えることが出来ます。

電子の星の瞬く箱庭、人と情報とモノをつなげる鮮やかな光。

触ることで情報が書き変わり、情報が実回路という物質的特長を書き換える。その様子は光によって表現される。
人と情報とモノの新たなつながりがここにあります。

開発成果の詳細はこちら

この開発成果情報をシェアする

関連記事

注目の未踏開発情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
古川 翔一

音声に合う口の動きを実現した吹替え映像を容易に作成するソフトウェア

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
佐伯 学哉 他

ハイパーバイザ技術を用いたクロスOSなLinuxバイナリ互換プラットフォームの構築

未踏事業 SPECIAL

未踏SPECIAL スペシャルインタビュー
未踏SPECIAL 座談会
未踏SPECIAL 事業概要紹介

年度別で選ぶ

タグから選ぶ