OSSモデルカリキュラム導入実証「OSSに基づくPBLのための目的志向IT教育カリキュラム」

 導入実証事業では、OSSモデルカリキュラムに基づいて、OSS教育プログラムの設計・開発・導入を行った上で、実際の授業を実施して、OSSモデルカリキュラムの有効性を評価しました。
 導入実証で作成した教材等は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示・2.1・日本により公開しています。

○テーマ OSSに基づくPBLのための目的志向IT教育カリキュラム

○概要 OSSモデルカリキュラムを参考に,システム情報科学実習のPBL(Project Based Learning)につながる内容の講義・演習を行った。

 ・科目1 コンピュータアーキテクチャ 22時間30分(90分×全15回))
コンピュータアーキテクチャ(講義スライド)PDF形式 [9.85MB]
コンピュータアーキテクチャ(演習環境の構築)PDF形式 [385KB]
コンピュータアーキテクチャ(ハードウェア設定ファイル)PDF形式 [36KB]
コンピュータアーキテクチャ(サンプルプログラム)PDF形式 [35KB]

 ・科目2 システム情報科学実習 22時間30分(90分×全15回)
システム情報科学実習(講義スライド)PDF形式 [2.27MB]
システム情報科学実習(講義テキスト)PDF形式 [6.89MB]
システム情報科学実習(講座手順書)PDF形式 [133KB]

○報告書 ~OSSに基づくPBLのための目的志向IT教育カリキュラム~ 成果報告書

○実施担当 公立大学法人 公立はこだて未来大学

○対象教育
  機関
公立大学法人 公立はこだて未来大学