「OSSモデルカリキュラム導入実証事業」成果報告会について

開催概要:(開催日 2010年8月6日)

 OSS普及の大きな課題として、OSSを使いこなせるIT技術者の人材不足が指摘されており、これを解消するための方策として、オープンソフトウェア・センター(OSC)では、同センターに設置された人材育成WGの監修によりOSSモデルカリキュラムV11を策定し、2008年10月に公開いたしました。

 OSSモデルカリキュラム導入実証事業はIT系の大学等、高等教育機関を対象として、OSSモデルカリキュラムV1の有効性評価と導入促進を図るとともに、開発された教材等を広く公開して、OSS技術教育の確立を図る目的で行いました。

 この度、4件の本導入実証事業が完了したところ、これら事業を通して開発された教材や、OSS教育の効果等について広くIT関連の高等教育機関に関係する方々に周知するための成果発表会を開催しました。

プログラム

14:00
0:03
開 会  
14:03
0:07
開会挨拶 IPA 仲田理事
14:10
0:20
OSSモデルカリキュラムとその活用方法について 人材育成WG教育コースTG主査
三浦 広志
 
14:30
15:00
 
0:30
0:30
導入実証事業成果発表
  1.株式会社 リナックスアカデミー
  2.株式会社 サイバー創研
各事業者
15:30
0:10
休 憩  
 
15:40
16:10
 
0:30
0:30
導入実証事業成果発表
 3.株式会社 三菱総合研究所
 4.公立大学法人 公立はこだて未来大学
各事業者
16:40
0:40
質疑応答・意見交換 進行役:三浦主査
17:20
0:10
IPAの今後の事業方針について IPA事務局
17:30
0:00
閉 会  

「OSSモデルカリキュラム導入実証事業」成果報告会発表資料