IT人材育成強化加速事業について

 
IPAは経済産業省から委託を受け、産学連携による実践的なIT人材育成を加速するための「産学連携IT人材育成プラットフォーム」の構築等を目的として事業を推進しました。

新着情報(平成23年10月更新)

平成22年度「IT人材育成強化加速事業」の成果物である、実践的講座コース説明のパンフレットをもとに、平成23年度の実施内容として更新しました。 平成22年度「IT人材育成強化加速事業」の成果物である、実践的講座構築ガイドをもとに、IT人材白書2011の調査結果等を踏まえ、一部内容を更新しました。

産学連携教育事例(平成23年10月更新)

平成22年度開始の実践的講座
九州大学(454KB) PBL入門
筑波大学(450KB) ソフトウェア品質保証
東洋大学(446KB) 実システムのプログラミング基礎
山口大学(452KB) ロジカルシンキング基礎 情報セキュリティマネジメントシステム概論 プロジェクトマネジメント入門
早稲田大学(452KB) IT経営プロジェクト基礎 システム開発プロジェクト基礎
 
平成23年度開始の実践的講座
会津大学(441KB) ソフトウェア工学Ⅰ ベンチャー体験工房(PBL初級)
愛媛大学(454KB) ロジカルシンキング実践 システムデザイン
静岡大学(445KB) 情報システムデザイン論
中央大学(450KB) ロジカルシンキング ヒューマンインターフェース
公立はこだて未来大学(447KB) システム情報科学実習 ロジカルシンキング・ライティング

平成22年度事業内容

「平成21年度IT人材育成強化加速事業(産学連携IT人材育成プラットフォーム構築事業)」に基づき、更なる産学連携による実践的IT教育の展開に向けたプラットフォームの構築、普及を目的として「平成22年度IT人材育成強化加速事業(産学連携IT人材育成プラットフォーム構築計画)」を実施しました。

産学連携IT人材育成プラットフォーム構築計画

  1. 産学マッチング体制を構築するためのプロセスの検証
  2. 全国の情報系学部学科で利活用できる基盤の整備
  3. 実践的インターンシップマッチングの実証
  4. 産業界出身教員向けカリキュラム、教材の見直しと研修の検証
  5. 産学連携IT人材育成プラットフォームの利活用促進に向けた普及事業

関連資料(事業成果紹介パンフレット等)

ここに示すパンフレットの記載内容は「平成22年度IT人材育成強化加速事業」当時のものです。一部内容を更新したものについてはこのページの新着情報をご覧ください。

平成21年度事業内容

あらゆる経済活動へのITの浸透及びITの社会インフラ化、産業全般のグローバル大競争の激化等の構造変化の中で、我が国のIT人材の量的質的な不足が顕在化し、高度IT人材の育成が喫緊の課題となっています。 このような課題認識のもと、我が国のIT人材育成強化を加速することを目的として、 1.産学連携IT人材育成プラットフォーム構築事業 2.IT人材職種別モデルキャリア開発計画策定事業 を実施しました。

1.産学連携IT人材育成プラットフォーム構築事業

  1. 産学マッチング体制の構築
  2. 実践的教育を実施するための教材、カリキュラムの収集及び開発
  3. 実践的インターンシップモデルの構築
  4. 産業界出身教員の能力強化
  5. リカレント教育実態調査

IT人材職種別モデルキャリア開発計画策定事業

  1. モデルキャリア開発図の策定
  2. 人材育成ノウハウ集の策定
  3. IT産業の業務と魅力
  4. 事業成果と求められる取組み

お問い合わせ先

「IT人材育成強化加速事業」についてのお問い合わせは、下記の連絡先まで電子メールにてお願い致します。 メールアドレス:sangaku_info お問い合わせ内容によっては回答が遅れる場合や回答できない場合もございますので予めご了承下さい。