次世代IT人材育成を目的としたFDプログラムの開発(FD)(概要)

次世代IT人材育成を目的としたFDプログラムの開発(FD)(概要)

この事例は、特色事例を紹介した: 注目事例でも取り上げられています。

この事例は、次世代IT人材育成を目的としたFDプログラムの開発の教育事例を対象にしたファカルティ・ディベロップメントの事例です。

事業実施体制

実施代表機関 (株)SCC(エスシーシー)
提案代表者名 中居聰士 (北海道情報大学 常務理事・事務局長)
教育訓練プログラム
実施責任者
森澤好臣 (北海道情報大学 経営情報学部 教授)
FDプログラム
実施責任者
山崎信雄 ((株)SCC 教育事業推進本部 本部長)

※機関名・役職等は当時(平成18年度:事業採択時)のもの

連携機関

連携機関名 役割
江別市立病院 ・FDプログラム設計開発
・教員のインターンシップ受入れ
・テキスト教材作成支援
(株)コムワース ・FDプログラム設計開発
・教員のインターンシップ受入れ
・テキスト教材作成支援
(株)日本ユニシス ・FDプログラム設計開発
・教員のインターンシップ受入れ
・テキスト教材作成支援
日本IBM(株) ・FDプログラム設計開発
・教員のインターンシップ受入れ
・テキスト教材作成支援
新日鉄ソリューションズ(株) ・FDプログラム設計開発
・教員のインターンシップ受入れ
・テキスト教材作成支援

 

FDプログラムの背景と目的

本FDプログラムは、その目的・目標を、情報工学系大学教員の実学知識の習得に向けた再教育におく。従来の自己点検評価は、名前は外部評価とされていても、内実は学生サイド評価が主であり、唯我独尊的な色彩が強い。しかし、真に役立つIT人材育成のためには、外部、特に産業界サイドからの評価が定期的に行われるべきであろうが、大学自体の自浄能力が少ないために、これを実行するにあたって、外部からの協力を求めざるを得ない状況にある。

 

産業界から移転が期待されるノウハウ

教育の現場では、簡単なプログラムの作成方法ひとつをとってみても、それは個人に閉じたものであり、チームでの作業が当然である企業内作業における、他者のプログラム再利用に対する考慮など行われないのが通常である。よって、ここでは、予定している教育訓練のシラバス策定、教材選定・作成等の全てにわたって、企業内における実際の作業を想定した実践的なスキル習得を念頭に置く。また、現場における企業講師との交流を通じて、教員は、時事刻々と変わる顧客の要求仕様、納期、チームワーク、顧客満足度への対応などの現実の実務にどうするかのノウハウを、自ら主体的に学んだ。

 

FDプログラムの概要

FDプログラムの概要

(FDプログラム総時間:約270時間)

FDプログラムとして、以下の内容を実施した。

  • 産業側関係現場での企業講師との交流(企業インターンシップ)
  • 産業側担当者との協同による教材選定・作成作業(シラバス策定を含む)
  • 学生・企業等の関係者からのアンケートによるフィードバック

本FDプログラムでは、上記のような内容を通じて、情報工学系大学教員の再教育を図った。特に、教員を企業に派遣することで、実践的な環境における現場知識・ノウハウの習得を狙った。以下に、対象講座別のFDプログラムの詳細を示す。

対象講座名 派遣先企業 実施目的・内容(総時間)
実践アジャイル開発論講義 (株)SCC 「実践アジャイル開発論」向けのFDとして、実システム開発におけるアジャイル開発に関するノウハウ及び技術を習得する。(約65時間)
実践情報セキュリティシステム論講義 (株)コムワース 「実践情報セキュリティシステム論」向けのFDとして、実情報セキュリティシステム開発に関するノウハウ及び技術を習得する。(約20時間)
実践システム設計・開発・管理論講義 (株)ユニシス 「実践システム設計・開発・管理論」向けのFDとして、プロジェクト制による実システム設計・開発・管理に関するノウハウ及び技術を習得する。(約70時間)
実践医療情報システム開発論講義 江別市立病院 「実践医療情報システム開発論」向けのFDとして、オーダエントリシステム、レセプトシステム等の病院システム開発に関する知見及び技術を習得する。(約35時間)
次世代コンピューティング論講義 新日鉄ソリューションズ(株) 「次世代コンピューティング論」向けのFDとして、進化計算、OSSなどによる実システム開発に関するノウハウ及び技術を習得する。(約64時間)
実学・サービスビジネス論講義 日本IBM(株) 「実学・サービスビジネス論」向けFDとして、サービスサイエンス論、ユビキタス論の実システムへの導入方法に関する知見及び技術を習得する。(約17時間)

 

FDプログラム対象者

  • 実践アジャイル開発論
    北海道情報大学 経営情報学部 経営ネットワーク学科 教員 1名
    北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 教員 1名
  • 実践情報セキュリティシステム論
    北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 教員 1名
  • 実践システム設計・開発・管理論
    北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 教員 1名
  • 実践医療情報システム開発論
    北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 教員 1名
  • 次世代コンピューティング論
    北海道情報大学 経営情報学部 医療情報学科     教員 1名
  • 実学・サービスビジネス論
    北海道情報大学 経営情報学部 経営ネットワーク学科 教員 1名

インストラクタ・教材

  • インストラクタ:(株)エスシーシー(2名)、(株)コムワース(1名)、(株)日本ユニシス(1名)、江別市立病院(2名)、新日鉄ソリューションズ(株)(1名)、日本アイ・ビー・エム(株)(4名)
  • 教材:講師作成の資料及びシステム

FDプログラムの評価方法

教員と実施機関側講師による受講教員の受講前と受講後のスキルを比較した。評価の対象とする受講教員のスキル領域は全てITスキル標準の評価基準に則った。また、作成したシラバスやテキスト教材を評価した。

FDプログラムの成果物

以下の成果物を公表した。なお、成果については、教育誌等への公表も行う。

  • 企業インターンシップカリキュラム及びコンテンツ
  • FDプログラム実行結果、評価等をとりまとめた報告書

 

事業の継続状況

平成19年度は、本事業のファカルティ・ディベロップメント(FD)において産学協同で開発された複数のカリキュラムが経営情報学研究科修士課程の正規授業として開講した。各担当教員は、本事業のFDで企業講師から産業界のノウハウの移転を受けた結果に基づき、以下の4つの講義を実施した。なお、授業は経営情報学研究科の大学院生に加え、平成20年度に大学院進学を予定している学部学生も受講した。

①実践アジャイル開発論
8月下旬から9月上旬までの5日間、集中講義形式で授業を実施した。なお、期間中1日のみ、企業(㈱SCC)の講師が授業を担当した。
現場で使用しているツールを使うこと、ならびに「突然の仕様変更」を想定したシナリオを用意することで実践性を高める工夫を行った。企業講師は、現場の状況を学生に伝えるとともに、学生の成果に対してコメントを行った。

②実践情報セキュリティシステム開発論
後期の授業において、実習中心の授業を行った。実習用機材は、企業(㈱コムワース)より借用したものを使用した。
当該分野を専門とする企業のラボなどでは通常の業務で利用されているものの、大学等では高価なために用意することが不可能な特殊計測機器などを用いることで、現場業務に近い実践的な内容の実習を行うことができた。

③次世代コンピューティング論
後期の授業において、講義形式でシステムの性能検証を中心とした授業を実施した。
実際のWebシステムに対しての性能検証を実施することで、実践性をより高める工夫を行った。

④実学・サービスビジネス論
FDで作成したプログラムに一部変更を加えながら、講義形式で、後期の授業を実施した。全13コマ中4コマについては、企業(㈱日本IBM)の講師を招き、最新の情報と動向についての講義を行った。また、講義のあとに意見交換会の場を設けることで、実際の現場での生の声をより詳細に聞けるような工夫を行った。

なお、「実践システム設計・開発・管理論」は平成20年度、「実践医療情報システム開発論」は医療情報学科の卒業生が入学する平成21年度からの開講予定であったため、平成19年度は開講に向けた準備のみが行われた。