産学人材育成パートナーシップ

「産学人材育成パートナーシップ」は、産業人材育成に関する横断的課題や業種・分野的課題について幅広く議論を行い、産学双方向の具体的な行動につなげるべく、経済産業省と文部科学省が共同で創設した対話の場である。「産学人材育成パートナーシップ」では、9つの産業分野を対象に、具体的な産業人材育成方策が検討され、情報処理産業分野も重要分野の一つとして 産学による積極的な検討が行われました。

産学人材育成パートナーシップ情報処理分科会

情報処理産業分野に関しては、「産学人材育成パートナーシップ情報処理分科会」(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が文部科学省及び経済産業省とともに事務局)が設置され、情報処理分野におけるIT人材育成に関する検討が行われました。第1回から第11回までの分科会の資料は、下記のとおり。

第1回情報処理分科会(2007年11月15日開催)
第2回情報処理分科会(2008年1月24日開催)
第3回情報処理分科会(2008年3月14日開催)
第4回情報処理分科会(2008年5月21日開催)
第5回情報処理分科会(2008年6月13日開催)
第6回情報処理分科会(2008年10月24日開催)
第7回情報処理分科会(2009年5月1日開催)
第8回情報処理分科会(2009年7月1日開催)
第9回情報処理分科会(2010年1月27日開催)
第10回情報処理分科会(2010年7月28日開催)
第11回情報処理分科会(2012年5月11日開催)